株式会社坊っちゃん電力は電力自由化を担う新電力会社として豊かな街づくりを目指します。

株式会社坊っちゃん電力

TEL0800-777-1414
  • マイページ
  • お問い合わせ

夏目漱石(なつめ そうせき)についてAbout Soseki Natsume
坊っちゃん
マドンナ

夏目漱石
夏目漱石

夏目漱石(なつめ そうせき)は、日本の代表的な作家であり、1984年から2007年まで千円札の肖像画をつとめました。

幼少期 1867年 (0歳) 現在の東京都にて生まれる。「漱石」は後から名乗った名前で、本名は「夏目金之助」という。
1868年 (1歳) 父親の知人であった塩原昌之助の養子となり、塩原金之助と名乗る。
1876年 (9歳) 養父母の離婚により、夏目家に戻る。
10代~ 1879年 (12歳) 東京にあった第一中学校正則科に入学する。以後、英語を学ぶために学校を転々としています。
1884年 (17歳) 大学予備門(後の第一高等学校)に入学する。
1889年頃から、俳句を作ったことで知られる正岡子規と交流を開始しています。
20代~ 1890年 (23歳) 帝国大学(後の東京帝国大学)の英文科に入学して英語を学ぶ。
当時の漱石の英語の成績は、とても優れていたと言われています。
1893年 (26歳) 帝国大学卒業。学校の先生になる。
30代~ 1900年 (33歳) イギリスに留学する。
1905年 (38歳) 処女作『吾輩は猫である』を発表する。
1906年 (39歳) 代表作となる『坊っちゃん』を発表。
40代~ 1907年 (40歳) 東京朝日新聞に入社。職業作家となる。
    その後も『虞美人草』や『三四郎』といった名作が大ヒット。しかし漱石は若いころから体が弱く、1910年にはストレスから胃潰瘍になります。その後も病気に悩みつつ、『こころ』などの名作を立て続けに発表します。
1916年 (49歳) 胃潰瘍のため亡くなる。
漱石の死により、連載小説『明暗』は未完成のまま終了する。
没後 1984年   日本銀行券 千円札の肖像として採用される。

現在は、代表作「こころ」にも登場する東京都豊島区・雑司ヶ谷霊園に埋葬されています。
夏目漱石が職業作家として活躍した時期は、わずか10年であることがわかります。
その10年の間に名作を次々と書き上げた漱石は、とても優秀な人だったのでしょう。
そんな夏目漱石の代表作には、いったいどのようなものがあるのでしょうか。

代表作(1)『吾輩は猫である』
「吾輩は猫である。名前はまだ無い。」という書き出しで始まるこの小説は、主人公である「猫(吾輩)」の視点を通して、人間たちの姿ややり取りを上手に描き出しています。読書感想文の題材としても人気を集める、漱石の処女作です。
代表作(2)『坊っちゃん』
夏目漱石が、愛媛県の学校で先生をしていた時の経験をもとにして書いた『坊っちゃん』は、東京から松山へと赴任した「坊っちゃん」が、その土地で出会った個性あふれる同僚教師たちと繰り広げるコミカルなやり取りが魅力的です。その人間描写の豊かさから、中学校の教科書にも掲載される国民的な小説です。
代表作(3)『虞美人草』
宗近には藤尾という婚約者がいました。ところが藤尾は、宗近の同窓である小野との関係を深めようとします。婚約者を裏切ろうとした藤尾と小野には、最終的に罰が下されました。この小説は「勧善懲悪」という「良いことを勧めて、悪いことを懲らしめる」考え方に基づいて書かれ、職業作家となった漱石の初の新聞連載小説として注目を集めました。
代表作(4)『三四郎』
田舎から東京に出てきた青年・三四郎は都会の空気に触れ、自分は「田舎の世界」「学問の世界」「華やかな世界」の三つに囲まれていることに気づきます。三四郎は「華やかな世界」の象徴である美禰子という女性に恋をしますが、自分の気持ちを伝えることができないまま、失恋してしまいます。日本で最初の教養小説としても知られる一作です。
代表作(5)『こころ』
「私」は「先生」と出会い交流をするようになります。友人「K」と妻とを巡る壮絶な過去を持つ「先生」は、「私」に三角関係とその行く末を書き記した遺書を残して自殺を計ります。
日本の文学の中でトップの売り上げをほこる、名実ともに漱石の代表作です。

夏目漱石は『吾輩は猫である』『坊っちゃん』といったユーモアあふれる作品を生み出した作家であると同時に、現在の東京大学を卒業したエリートでもありました。

(C)2015 株式会社坊っちゃん電力

PAGE TOP